コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

下部尿路症候群

下部尿路症候群とは

下部尿路症候群(FLUTD)とは、ネコちゃんの尿の中に結晶が作られることで泌尿器におこる一連の症状のことをいいます。結晶自体が膀胱を傷つけたり、結晶の集まりが塊状になり、できた結石が尿道につまってしまう尿道閉塞の症状などがおこります。この病気は男の子のネコちゃんでも女の子のネコちゃんでもおこりますが、特に男の子で重症となることが多いようです。女の子の尿道は一般的に太く短い構造なのですが、男の子の尿道は細く長い構造をしていて、先端につれてさらに細くなっているため、結晶や結石がつまりやすくなっているからです。

原因

ネコちゃんの飲水量や体質、食事内容などが原因だと考えられていますが、その他の要因としてストレスや肥満も関与するといわれています。ネコちゃんの尿は一般的に弱酸性ですが、食事中のリンやマグネシウムの過剰摂取によって尿のpHが変化し、尿中にリン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)という結晶が作られやすくなります。この結晶によって、膀胱炎や尿道閉塞などの症状が起こります。冬の時期になると水の摂取量が減るため、尿の濃度が濃くなり結晶がつくられやすくなることから、冬の時期にこの病気の発生が多く見られます。

症状

症状は様々で、血尿が見られたり、頻尿(小量しか尿がでないが、トイレに頻繁に行く症状)などが見られます。また、水の摂取量も多くなります。尿道に結晶や結石がつまると、尿が排出されないために膀胱内の尿が腎臓へと逆流し、腎不全や尿毒症を引き起こす場合があります。尿毒症になると、嘔吐や食欲不振、体温の低下といった症状がみられます。

治療

一般的に、結晶や結石によって尿道がつまっているときには、カテーテルを尿道に挿入したり、超音波などで破砕することなどにより、尿道の障害となっている結晶や結石の除去を行ないます。また、尿の検査を行い、検査結果や原因により食事療法や抗生物質等による内科的治療が行なわれます。結晶や結石の除去が困難なときには、手術による外科的な治療が必要となることもあります。腎不全や尿毒症の場合、命に関わることもあるため、多くの場合入院しての治療となります。下部尿路症候群は、発症の原因にネコちゃんの体質も関与し、、治療後も再発することが多い病気なので、再発防止を心がける必要があります。

予防

リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)結晶の予防には低リン、低マグネシウムの食事を心がけるとともに、ネコちゃんが新鮮な水をいつでも飲むことが出来るような環境にしましょう。また、早期発見が重要となってきますので、日頃ネコちゃんの水の飲む量やトイレの回数、尿色や量などをきちんと確認することが大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する