コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

痤瘡(ざそう)/アクネ

痤瘡(ざそう)/アクネとは

猫のアクネとも呼ばれます。 猫の下顎と口唇部分の毛嚢(毛包)※1.が角化したり、分泌過剰であったりすること等により面皰(めんぽう)※2.が生じ、炎症を伴う猫によくみられる皮膚疾患です。二次感染によりさらに炎症がひどくなることもあります。
※1.皮膚の中で被毛を支え、被毛を生み出している部分を毛嚢(毛包)といいます。
※2.毛穴の開口部が分泌物などで閉塞して、小さい丘疹や膿疱ができている状態を面皰といいます。

原因

原因が不明で特発性なものや毛包の角化異常によるもの、皮脂腺の過形成や感染(細菌、ウイルス、皮膚糸状菌、毛包虫など)、接触刺激による皮膚炎など多岐にわたります。

症状

軽度な場合には特に痒みなどの症状はなく、黒色の微小な分泌跡や茶色の液状の分泌跡がみられ、小さい面皰が見られます。重度になると炎症を生じ、痒みや痛みを伴います。また脱毛、発赤、浮腫、化膿、腫脹などを生じるものまで、さまざまです。
一般的に、下顎や下口唇に多く発症しますが、上口唇や顔面に及ぶものもあります。

治療

症状の程度により治療はさまざまです。また、日常のケアによって発症の予防がある程度可能ですので、ケアを続けることが重要です。
治療法の例として以下のようなものが挙げられますが、症状によって単独で行ったり、いくつかを組み合わせて行うことが多いようです。また、基礎疾患が有る場合はその治療も併せて行います。
・病変周囲の被毛を刈り、消毒薬等で消毒を行う。
・薬用のシャンプー(過酸化ベンゾイル、サルファ・サリチル酸、クロルヘキシジンなどの成分を含有するもの)で薬浴を行う。 
・抗生物質の内服または外用を行う。
・面皰溶解のため、ビタミンAの外用を行ったり、。難治例では、ビタミンA製剤の内服薬を服用を行う。

予防

再発することが多いため、ケアを続けることが大切です。
薬用シャンプー等を利用して、患部の薬浴を続けたり、患部を消毒液にて清拭して清潔に保つことが予防になります。また皮膚を濡らしたままにすることは、皮膚に炎症を起こしやすくする要因になるため、シャンプーや消毒の後は、しっかりと乾かすことが大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する