コメントを書く・読む

  • (症状で調べる)

黄色脂肪腫(イエローファット)

黄色脂肪腫(イエローファット)とは

黄色脂肪症(イエローファット)とは栄養の偏りによって、お腹や胸などの脂肪が性質を変え、その部分に硬いしこりや炎症が生じる病気です。

原因

マグロ、カツオ、アジ、サバ等の青魚に含まれる不飽和脂肪酸の過剰摂取が原因となって引き起こされます。一般的に不飽和脂肪酸は血液をさらさらにし、がんを抑制するなど体に良い影響を与えるものですが、過剰摂取によって、ネコちゃんの脂肪を酸化させて変性・炎症を引き起こします。脂肪は本来白色ですが、この病気になると黄色く変色することから、黄色脂肪症(イエローファット)と呼ばれます。

症状

後肢の間の腹部や胸部の皮下の脂肪が変性し、炎症やしこりが生じます。また、その部分に痛みが生じるため、歩行異常がみられたり、腹部を触られるのを嫌がったりします。症状が重くなると、食欲も失われます。

治療

黄色脂肪腫を治療するには、まずその原因となる魚類を与えるのを止め、バランスのとれた良質の食事に切り替えます。痛みがある場合には、対症療法をあわせて行ない、脂肪の酸化を抑えるビタミンE製剤の投与を行なうこともあります。

予防

魚類中心の食生活を止め、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する