コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

門脈シャント

門脈シャントとは

正式には「門脈-体循環シャント」と呼ばれ、この他にも「門脈体循環短絡症」、「門脈シャント」などと呼ばれことがあります。正常なワンちゃんでは、体の中でつくられたアンモニアなどの毒素が腸管から吸収され、門脈と呼ばれる血管を通って肝臓に運ばれ無毒化されます。しかし、この門脈と全身の静脈の間をつなぐ余分な血管(シャント)が存在することにより、肝臓で無毒化されるべき有害物質が処理されないまま直接全身を回ってしまい、さまざまな症状が引き起こされる病気です。

原因

シャントの形成には先天性と後天性の要因がありますが、ワンちゃんでは、多くが先天性の要因です。後天性の要因として、持続的な門脈高血圧症(門脈の血圧が高くなった状態)や、重篤な肝炎、肝硬変などの肝臓の病気があげられます。
門脈シャントを起こす犬種としては、ヨークシャー・テリア、ミニチュア・シュナウザー、シー・ズーなどが挙げられ、その多くは1歳未満で発症するケースが見られます。

症状

軽症では、食欲不振、下痢、嘔吐などの消化器症状がみられることもあり、重症になると、アンモニアなどの毒素により、中枢神経症状を特徴とした「肝性脳症」を起こし、ヨダレやふらつき、元気消失などの軽度の症状から徘徊行動、旋回行動、痙攣発作、昏睡といった重篤な症状を起こすこともあります。
一般的に門脈シャントのワンちゃんは発育が悪く、食後1〜2時間ほどで症状が悪化する傾向にあります。また、肉を食べると、大量のタンパク質が分解されることにより、血液中のアンモニア濃度が上がり、症状が悪化することがあるため、肉よりも野菜を好んで食べるワンちゃんもいるようです。
この病気を放置しておくと、肝臓の機能障害を起こし、死に至る場合もあります。また、アンモニアと尿酸が多量に腎臓から排泄されるため、尿路に尿酸アンモニウム結石が出来やすくなり、膀胱炎や血尿、頻尿、尿道閉塞などの泌尿器症状もみられることがあります。

治療

一般的には、内科的治療と外科的治療があり、ワンちゃんの状態や症状の程度、飼い主の希望などによっても治療法は異なります。基本的にはシャント血管が原因となるので、このシャントを閉鎖しない限り完治することがなく、根本的な治療には外科的治療が必要となります。

●内科的治療
投薬や食事療法により、症状を安定、緩和させます。症状が軽度の場合や外科的治療の前後や外科的治療が困難な場合に内科的治療が選択されます。アンモニアの産生をできるだけ抑制するために、低タンパク質の食事を与える食事療法やアンモニアの産生や吸収を防ぐ薬剤の投与、その他、さまざまな症状に応じて症状を抑える薬を投与します。

●外科的治療
症状が強くみられる場合や根治を目的とする場合などに、シャント血管の閉鎖手術を行ないますが、シャント血管の位置や状態、ワンちゃんの健康状態によっては手術が難しい場合もあります。門脈シャントの手術については手技が難しく、専用の器具・設備などが必要となることが多いので、かかりつけの動物病院に手術方法や麻酔のリスク等についてもご相談ください。

予防

状態によっては、手術が困難になることがあるため、早期発見・早期治療が大切です。動物病院でのこまめな検診をお勧めします。ご自宅では、ワンちゃんの成長の程度、食後の状態などのチェックを行ないましょう。また、上記に記載の症状が見られる場合は、早めに動物病院にご通院ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する