コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

心筋症(拡張型・肥大型)

心筋症(拡張型・肥大型)とは

心筋症とは、「心筋(心臓を構成する筋肉)が何らかの原因により、通常の厚さよりも厚くなったり薄くなったりする」などの異常を起こし、心臓の働きが弱くなる病気です。無症状であることもありますが、症状がなくても進行していくことが多いので、症状の有無にかかわらず治療を続けることが大切です。

原因

ワンちゃんの心筋症は、大きく「拡張型心筋症」と「肥大型心筋症」の2つに分けられます。

(1)拡張型心筋症
心筋が薄く伸びてしまい、収縮力が弱まることから、血液の循環不全を起こします。ワンちゃんに見られる心筋症のほとんどがこの拡張型心筋症です。ドーベルマン、グレート・デン、ボクサー、セント・バーナードなどの大型、超大型犬種に多く見られますが、スパニエル種でも発症しやすいことが知られています。また女の子よりも男の子に多く見られます。遺伝性の要因があると考えられてはいますが、はっきりとした原因は不明です。また、アメリカン・コッカー・スパニエルなどでは、栄養性の原因(タウリンとL−カルニチン不足)の関与が疑われています。

(2)肥大型心筋症  
心筋が厚くなり、心臓の内腔が狭くなります。これに伴い、心臓が強く拍動できず、血液の循環不全を起こします。ワンちゃんでは稀ですが、ジャーマン・シェパードやドーベルマンなどで報告があります。発症の原因は不明です。

症状

元気消失、食欲低下、体重の減少、運動を嫌がる、などの症状がみられます。循環不全によって肺に水がたまり(肺水腫)、咳が出たり呼吸困難をおこしたりすることがあります。また、胸水・腹水がたまることもあります。中には失神したり、突然、亡くなってしまったりするケースも見られます。

治療

心筋症そのものの治療は出来ませんが、症状に合わせた治療を行います。例えば、肺水腫のときには利尿剤を用いたり、循環不全を解消するために血管拡張薬や強心剤などを用いたりします。この他にも、不整脈が頻発する場合には抗不整脈薬を用いたり、胸水や腹水の貯留がみられたりするときには、腹水を抜く処置が行なわれることもあります。栄養性の原因が疑われる場合やアメリカン・コッカー・スパニエルでは、タウリンとL-カルニチンの投与が行われることもあります。
日常生活では、激しい運動は避け、症状に合わせて適度な運動をすること、心臓病用の療法食を利用することにより、塩分を摂りすぎないように注意することなどが必要です。

予防

残念ながら発症自体を予防することはできませんが、早期発見することで症状を軽減し、進行を遅らせてあげることは可能です。好発犬種では、定期的に健康診断や必要に応じた心臓の検査を受けるとよいでしょう。
また肥満は心臓に負担をかけるので、体重管理には注意が必要です。
日ごろからワンちゃんの様子をよく観察し、疲れやすい、運動したがらない、食欲が落ちて痩せてきたなどの様子が見られるようであれば、早めに動物病院に相談しましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する