コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎とは

アレルギー性皮膚炎とは、アレルギー症状を起こす原因物質であるアレルゲンによって、ワンちゃん体内の免疫機構が過剰に反応するため生じる皮膚炎のことをいいます。アレルゲンの種類にはノミやハウスダスト、花粉や食物などがあります。

原因

アレルギー性皮膚炎は、原因によって次のような種類が挙げられます。
(1)吸引性アレルギー
 ハウスダストや花粉、カビなどがアレルゲンとなり、これらを吸引することによって発症します。
(2)食事性アレルギー
 アレルゲンとなる食物を摂取することによって引き起こされます。
 主にタンパク質が原因となることが多く、牛乳や肉類などが挙げられます。
(3)ノミアレルギー
 ノミの唾液中にあるタンパク質がアレルゲンとなり、ノミがワンちゃんの皮膚に寄生して吸血することで
 アレルギーを起こします。
(4)接触性アレルギー
 じゅうたんや食器など身の回りにあるあらゆるものがアレルゲンとなり、そのアレルゲンに皮膚が触れる
 ことによって引き起こされます。

症状

アレルギー性皮膚炎では、皮膚の痒みが主な症状で、痒みがでる部分は耳、脇、股、足先、口や目の周りなどが多く、ワンちゃんが体をしきりに舐めたり噛んだりする行動が見られます。症状が進行すると皮膚に赤みや脱毛、小さな発疹が見られ、細菌の二次感染によって症状が悪化することがあります。食事性アレルギーでは皮膚症状と同時に外耳炎や、下痢などの消化器症状を引き起こす場合もあります。また、接触性アレルギーでは、原因になるアレルゲンと接触した部分に皮膚炎がみられます。

治療

治療にあたっては、痒みのコントロールが主になります。まずアレルギー検査などで原因となるものの特定を行い、痒みの原因となるアレルゲンを除去していくとともに、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤などを投与します。症状によって単独で用いたり、併用したりする場合があります。他に減感作療法という治療法もあり、この方法は、アレルギーの原因物質を少量身体に入れ、最終的にはアレルゲンに体を慣れさせてしまうという治療法です。この治療法の場合、アレルギーの体質自体が改善され完治することがありますが、費用や治療期間もかかり、根気が必要となってきますのでかかりつけの先生とよく相談することが大切です。

予防

ノミアレルギー性皮膚炎では、ノミの駆虫剤を定期的に使用することで予防することが出来ますが、それ以外の原因では、体質が関与するため予防は難しくなってきます。
どうぶつが痒がるという仕草はよく見られ、その原因はたくさんあります。飼い主さんによる日々の観察が、原因の早期発見につながり、またワンちゃんの環境や食事内容等を正確に獣医師へ伝えることで的確な治療が可能となります。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する