コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは

腎臓に多数の嚢胞(液体などがたまった袋状の構造)ができ、腎機能が徐々に低下していく遺伝性の病気が多発性嚢胞腎です。ペルシャ猫や、ペルシャ猫と血縁関係のあるネコちゃんに多く見られますが、アメリカン・ショートヘアや雑種のネコちゃんなどでみられることもあります。

多くの場合、3歳から10歳くらいまでの間に腎不全の症状が見られるようになります。

原因

ネコちゃんの多発性嚢胞腎は遺伝性の病気であることがわかっています。腎臓を構成するタンパク質を作る遺伝子の異常により、腎臓に小さな嚢胞ができます。嚢胞は加齢に伴って徐々に数を増やしながら大きくなっていき、その結果、腎臓が腫大し、正常な腎臓の組織が失われていくため、腎機能が低下していきます。

症状

多飲多尿、食欲不振、嘔吐、脱水、貧血といった慢性腎臓病と同様の症状がみられます。多くは3歳から10歳くらいまでの間にこのような症状があらわれます。

一方で、この病気の進行はたいへんゆっくりで、腎機能も徐々に低下していくことにより、体が順応してしまうため、状態が進むまで目立った症状がみられない場合もあります。

治療

残念ながら、今の段階ではネコちゃんの多発性嚢胞腎を完治させる治療法は見つかっていません。腎機能の低下が見られるネコちゃんについては、他の原因による慢性腎臓病と同様の治療を行います。内科的治療としては、血液中の老廃物や毒素を体外に排出させることが治療の主体となります。その方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)により体液を増加させ、尿量を増やすことで老廃物の排出を促します。また、腸内で老廃物の原因となるタンパク質を吸着し便として体外に排泄させる活性炭、腎不全を進行させる原因となる食物中のリンを生体内で利用できないようにするリン吸着剤、悪心や嘔吐を防ぐための制酸剤や吐き気止め、腎高血圧をふせぐための降圧剤などの内用薬を投与します。腎臓の負担を減らし、腎不全の進行を遅らせるために、タンパク質、リン、ナトリウムなどを制限した食事療法も行います。

予防

遺伝性の先天的な病気のため、残念ながら予防法はありません。

ペルシャ系やアメリカン・ショートヘアなど、この病気がよく見られる猫種の場合は、幼猫の頃から注意を払い、気になる症状がみられるようであれば早めに受診しましょう。ネコちゃんの多発性嚢胞腎は常染色体優性遺伝であることがわかっています。

常染色体優性遺伝の疾患の場合、この遺伝子を持っているネコちゃんは必ず病気を発症しますので、両親のどちらかがこの病気を持っていると、子どもは50%の確率で発症することになります。この病気のネコちゃんを増やさないためにも、この病気を発症したネコちゃんを繁殖に使わないこともたいへん重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する