コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

眼瞼内反症・外反症

眼瞼内反症・外反症とは

瞼(まぶた)が内側にめくれている状態を眼瞼内反症といい、外側にめくれている状態を眼瞼外反症といいます。どちらも角膜や結膜に刺激を受け、炎症が起こることがあります。

原因

一般的に先天的に発生することが多いといわれています。この他の原因としては重度の結膜炎や外傷などによるまぶたの変形、眼の回りの筋肉や神経の異常などでまぶたの内反・外反が見られることがあります。

症状

・眼瞼内反症  
内側にめくれている瞼自体やまつ毛が角膜や結膜に刺激を与えている状態の場合、結膜炎や角膜炎を起こし、目に痒みや痛みが生じ目やにや涙が見られます。この状態を繰り返したり長期間継続すると、角膜が白く濁ったり黒く色素沈着が見られ、内反症そのものを治療しても角膜炎や結膜炎が治り難いこともあります。

・眼瞼外反症  
瞼の外反はのほとんどは下まぶたに起こります。外反の程度がひどいと、眼は"あかんべー"をした状態になり、角膜や結膜が露出し、結膜炎や角膜炎が起こりやすくなります。ワンちゃんは、目の痛みや痒みから目を気にする動作をするようになり、目やにや涙が多く見られるようになります。

治療

根本的な治療は、外科的手術による瞼の矯正になります。また、内反や外反の程度が軽度の場合、角膜や結膜を刺激しているまつ毛の抜毛や点眼による内科的治療で症状が改善することもあります。

予防

眼瞼内反症・外反症の発症を予防することは困難なため、瞼の状態がおかしいと感じた場合や上記のような症状がみられた場合は症状が重症になる前に早期の通院を心がけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する