コメントを書く・読む

  • (犬種別で調べる)

骨肉腫

骨肉腫とは

骨肉腫は骨と軟骨に発生する悪性腫瘍です。大型犬での発生が多く、転移が速く死亡率の高い腫瘍として知られています。

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー、グレートピレニーズなどの大型犬に発症が多くみられる傾向があり、遺伝的な関与も要因としてあげられています。
発症平均年齢は 7 歳といわれていますが、 2 歳前後のワンちゃんでも発生することがあります。

症状

特に四肢の長い骨に腫瘍ができることが多く、激しい痛みを伴うことが多いため、足の腫れや跛行などの症状がみられます。骨肉腫は進行が速く、早期の段階で転移しやすい腫瘍です。特に肺への転移が多くみられ、その場合呼吸困難などの症状があらわれます。

治療

骨肉腫のできている部分、転移があるかどうかによって治療は異なります。
転移がなく、手術で切除できる部分に骨肉腫が発生している場合、一般的に手術で摘出を行います。その場合、転移や再発を予防するために腫瘍周囲の正常組織も含め広範囲での摘出が重要となります(四肢の骨肉腫の場合、ほとんどのケースで断脚を行います)。再発予防のため、手術後に抗がん剤療法を行う場合もあります。また、すでに転移などがあり摘出が難しい場合には、抗がん剤や放射線療法を行いますが、この場合完治は難しいといわれています。

予防

発症の原因がはっきりわからないので、予防することは難しい病気です。しかしながら、早期発見による早期治療が重要となりますので、定期的に検診を行うことや、日頃からワンちゃんの歩く様子などを観察し、跛行のような症状がある場合には早めに動物病院にご相談ください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する