コメントを書く・読む

トリコモナス症

トリコモナス症とは

トリコモナス症は、トリコモナス原虫の感染によって起こる病気です。食欲不振や吐き戻し、くしゃみや鼻汁などの呼吸器症状が出て感染に気づきます。成鳥よりもヒナや若鳥で症状が現れることが多いといわれています。

原因

トリコモナス症は、原虫(Trichomonas gallinae)の感染によって起こる、呼吸器や食道、そ嚢などの上部消化器の感染症です。人の膣トリコモナス(T.vaginalis)やワンちゃんやネコちゃんに見られる腸トリコモナス(Pentatrichomonas hominis)とは別種です。
多くの種類の鳥に感染すると考えられていますが、国内ではブンチョウに多く見られ、ハト、オカメインコなどでも報告されています。

症状

感染していても全く症状を示さない場合もあります。軽症の場合は食欲不振などが見られるだけですが、進行すると、口腔内粘液が増加し、しきりに舌を動かす様子が見られます。また、アクビの様な仕草や首を振るなどの症状がみられ、粘液の吐出や吐血がみられることもあります。
免疫が未完成なヒナや免疫が低下した鳥さんで発症します。細菌などによる二次感染を 起こすと、口腔や気道、食道、そ嚢にチーズ様の膿瘍が多数形成されるため、食事の通過障害や下顎部や頸部の突出がみられるようになります。粘液や膿瘍が気道を塞ぎ、空気の通り道を狭くするため、呼吸の際に「パチパチ」とか「プチプチ」といった音が聞こえることもあります。副鼻腔へ感染が広がると、くしゃみや鼻汁などの呼吸器症状がみられたり、結膜炎をおこしたりすることもあります。

診断

口の中から粘液やそ嚢の内容物などを採取し、直接顕微鏡で観察します。新鮮な検体から運動性の原虫を確認することで診断します。

治療

メトロニダゾールなどの二トロイミダゾール系の抗原虫薬によってトリコモナス原虫を駆除します。長期投与や高用量の投与で副作用が生じる場合には、他の駆虫薬の使用を検討します。
トリコモナス原虫を駆虫しても、二次感染や全身状態の悪化などに対する治療が必要となる場合が多く、抗生物質の投与などを行います。

予防

トリコモナスは口腔内、食道、そ嚢内などに寄生増殖しますが、酸に弱く、pH5以下では増殖できないと考えられています。胃酸で死滅するので胃より先の消化管に寄生することはありません。また、乾燥した環境では短時間しか生存できませんが、飲み水などの水性環境では長期間の生存が可能です。ケージや容器などを熱湯消毒する、乾燥させて使うなど、飼育環境の衛生管理に注意をすることが重要です。
また、親鳥からヒナへの感染が主な感染経路であり、吐き戻した餌とともに、そ嚢に生息するトリコモナスが移行することが原因ではないかと推測されています。したがって繁殖段階で親鳥に駆虫の処置をしておくことが予防のためには重要です。また、トリコモナスに感染しているヒナは購入後の環境変化などによる免疫の低下に伴い発症することが多いため、お迎え後は構いすぎないようにして、ゆっくりと環境に慣らすようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

り ん ね 。さんのととちゃんからのコメント
生後一ヶ月ほどの文鳥を迎えた者です。毎日可愛く、元気に育っていて家族全員メロメロです!笑 そして、

コメントを投稿する