コメントを書く・読む

心筋症(拡張型・肥大型)

心筋症(拡張型・肥大型)とは

心筋症とは、心筋(心臓の筋肉)が通常の厚さよりも厚くなったり薄くなったりするなどの異常を起こし、心臓の働きが弱くなる病気を言います。症状が急激に悪化し、急死してしまうこともある病気です。

原因

ネコちゃんの心筋症は、症状によって「肥大型心筋症」「拡張型心筋症」「拘束型心筋症」の3つに分けられます。
(1)肥大型心筋症
ネコちゃんにもっとも多いとされていますが、発症の原因ははっきりわかっていません。心筋が厚くなり、心臓の内部が狭くなります。そのため心臓は強く拍動できず、それとともに血液の循環不全を起こします。
(2)拡張型心筋症
食事中のタウリンの不足が原因の一つであるといわれています。また、ネコちゃんの中でもシャムネコやアビシニアンに多いといわれています。拡張型心筋症では、心筋が薄く伸びてしまい、収縮力が弱まることから、血液の循環不全を起こします。
(3)拘束型心筋症
老齢のネコちゃんで稀に発症しますが、発症の原因ははっきりわかっていません。心臓の内部を覆う筋肉などの組織が変形し、繊維質の膜が厚くなり心臓が十分に広がらなくなる状態をいいます。

症状

元気消失とともに、食欲の低下も見られます。循環不全のために肺に水がたまって(肺水腫)呼吸困難となり、開口呼吸(口を開けて呼吸をする症状)やうずくまる様子が見られ、運動を嫌がる症状が見られます。また、ときには胸水・腹水がたまることもあります。心筋症は、心臓の収縮不全を起こすために血栓(血の塊)が心臓の中で出来やすくなります。その血栓が血流によって後足の根元の血管に詰まる(血栓塞栓症)ことが多く、この場合ネコちゃんは後足が麻痺します。また、痛みを伴うことも多く、その際は前足だけで体を引きずって移動します。血栓が詰まってしまうとショック症状を起こし、死に至るケースもあるため、早急な治療が必要となります。

治療

心筋症そのものの治療は出来ません。肺に水がたまっているときには利尿剤を用いたり、循環不全を解消するために血管拡張薬や強心剤などを用いたり、症状に合わせた治療を行います。胸水の貯留がみられるときには、胸水を抜く処置が行なわれることもあります。また、血栓の症状がおこっている場合、外科的処置を行うか、血栓を溶かす薬を使うかで出来るだけ早く血栓を取り除きます。しかしどちらの処置も緊急を要し、症状が重度の場合や治療が遅れた場合には死亡することも少なくありません。

予防

食事中にタウリンがきちんと含まれた食事を与え、拡張型心筋症にならないよう注意しましょう。タウリン不足の原因となるためネコちゃんにはドッグフードをメインに与えてはいけません。また、その他の心筋症に関して発症の原因が分かっていないため、予防は難しいのですが、心筋症が疑われる場合や、一度心筋症の症状が出たネコちゃんについては、血栓塞栓症の発症予防のために血栓ができにくくなる薬を継続投与することがあります。
日頃からネコちゃんの様子をよく観察し、重症になる前の早期発見、早期治療を心がけましょう。

みなさんからのコメント

タ・ヌキさんの乙彦(ネコ)ちゃんからのコメント
今日、6ヶ月前に家に来た乙彦が亡くなりました。1歳半ぐらいの短い命。肥大型心筋症でした。 異変があ

コメントを投稿する