コメントを書く・読む

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアとは

横隔膜ヘルニアは先天性の場合もありますが、多くの場合ネコちゃんが交通事故等によって強い衝撃を受けることなどで起こります。衝撃を受けることによって体の中で腹部と胸部を隔ていている横隔膜が破れ、腹部の臓器がその穴から胸の内部へ押し出されてしまうことを横隔膜ヘルニアといいます。ヘルニアとは、もともと穴のあいていないところが裂けたりすることによって、そこから穴の内側にあった別の組織ががはみ出すことを意味します。

原因

先天性が原因の場合は、生まれつき横隔膜の一部が欠損していることが原因となります。しかしこの病気の発症のほとんどは後天性で、交通事故や高いところからの落下事故等によって起こることが多いです。

症状

横隔膜ヘルニアによって胸の内部に腹部の臓器が入ってくると、進入した臓器の量にもよりますが、肺や心臓が圧迫されたり、横隔膜が無いために肺が膨らむことが難しくなり、呼吸困難になります。また、胃や腸などが胸の内部に押し出され圧迫を受けた場合、吐き気や腹痛等が見られることもあります。

治療

症状が見られる場合、直ちに外科的治療によって元の状態へ整復することが必要となってきます。

予防

交通事故や落下事故等に遭わないように、ネコちゃんを室内で飼う等の環境づくりが重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

ちびこさんのちーちゃんちゃんからのコメント
先天性横隔膜ヘルニアの猫を保護しました。家にも4匹の猫がいてついこの間も入院手術でお金がかかりました

コメントを投稿する