コメントを書く・読む

膵炎

膵炎とは

膵臓はトリプシンなどの消化酵素を十二指腸に分泌しています。正常な状態では、消化酵素は膵臓内で不活性な状態で存在し、腸内に分泌されてから活性化しますが、何らかの原因により膵臓内で活性化されてしまい、膵臓自体を消化してしまうことで膵臓に炎症が生じるのが膵炎です。
嘔吐や腹痛、下痢がみられ、激痛を伴う重度の急性膵炎から、はっきりした症状を示さない慢性膵炎までさまざまな病態があります。特に高齢のネコちゃんでは慢性膵炎が起こりやすいことが知られています。慢性膵炎の病状は改善と悪化を繰り返しますが、ほとんど無症状のケースもあります。

原因

中高齢以上のネコちゃんで多い疾患ですが、品種や性別による発生頻度の差はあまり報告がありません。感染症や炎症性腸疾患などによる炎症が膵臓へ波及したり、中毒物質や高脂肪分の食事の摂取の他、胆管の奇形などの素因が関与する可能性がありますが、原因の特定は困難です。

症状

急性膵炎のような激しい嘔吐や下痢の症状が出ないのが慢性膵炎の特徴です。慢性膵炎では、食欲低下や嘔吐、下痢、元気消失が時々起こることは一般的ですが、はっきりした症状がほとんどない場合もあります。腸炎や胆管炎を併発することもあります。
重度の慢性膵炎の場合、食欲廃絶となり、肝リピドーシス(脂肪肝)を併発していることもあり予後が悪いといわれています。また、糖尿病のネコちゃんで慢性膵炎を併発している場合もあります。

診断・治療

膵炎の診断は血液検査で膵臓に特異的な酵素である「猫膵特異的リパーゼ(Spec fPL)」の測定の他に、レントゲン検査、超音波検査などにより診断されます。人では膵炎の診断にCT検査が一般的に行われることがありますが、ネコちゃんではCT検査は全身麻酔が必要であるため、膵炎の診断の目的でのCT検査の実施は一般的ではありません。
膵炎そのものを根本的に治療する方法はなく、対症療法が主たる治療法となります。消化器症状にあわせ制吐剤や輸液などの投与を行います。膵炎に腸炎や胆管炎を併発している場合にはステロイド剤の投与が有効となることもあります。また、慢性膵炎のみの場合においてもステロイド剤の投与が有効です。食事に関しては消化しやすい低脂肪の食事が望ましいでしょう。投薬治療に反応が悪く、食欲不振が重度の場合、胃瘻チューブ設置を行うこともあります。

予防

日頃から肥満や偏食にならないように注意をしましょう。ネコちゃんの慢性膵炎は症状があいまいであるため、気がつかずに進行していることがあります。高齢のネコちゃんでは定期的な健康診断が大切です。慢性膵炎を疑う症状があれば早期に診断し、治療をしていくことが重要です。

みなさんからのコメント

みてもみとさんのミクちゃんからのコメント
現在12歳7ヶ月のメス猫です。 8歳の時に腎臓病になり、毎週輸液を行い。腎臓食を食べていましたが、

コメントを投稿する