コメントを書く・読む

猫伝染性腹膜炎(FIP)

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウィルスが原因となり、腹膜(胃や肝臓など臓器の表面とそれらの臓器がおさまっている腹腔を包んでいる膜)に炎症が起こる病気です。このウィルスに感染しても猫伝染性腹膜炎が発症しないこともありますが、一度発症してしまうと完治が難しい病気です。

原因

猫コロナウィルスによって起こる病気です。猫コロナウィルスには腸炎のみを起こす種類もありますが、猫伝染性腹膜炎を起こすものとは別の種類になります。猫伝染性腹膜炎はこのウィルスに感染しているネコちゃんの糞便や尿、分泌物などに含まれる猫コロナウィルスを口から摂取することや鼻から吸引することで感染します。

症状

猫伝染性腹膜炎の症状は、「ウェットタイプ」「ドライタイプ」の 2 つの症状に分類されます。感染したネコちゃんの大部分が「ウェットタイプ」の症状を示し、体重減少・元気減退・発熱等の症状とともにお腹や胸に水が溜まり(お腹に溜まった場合は腹水、胸に溜まった場合は胸水と呼ばれます)、腹水や胸水が肺を圧迫することにより呼吸困難などの症状を起こします。また、「ドライタイプ」では、体重減少・元気減退・発熱等の症状とともに眼にぶどう膜炎や虹彩炎などの症状を起こしたり脳内に炎症を起こし神経症状を起こします。その他、腎臓や肝臓・腸にも異常が現れることがあります。
どちらのタイプも、初期症状は発熱や食欲低下等が主なため、発見しにくい病気の一つです。

治療

現在のところ、猫伝染性腹膜炎を完全に治す治療法はありません。抗生物質や抗炎症剤、インターフェロン等を用いた対症療法が主体となります。ネコちゃんがこの病気を発症すると、多くの場合、数日から数ヶ月で命を落とします。

予防

猫伝染性腹膜炎のワクチンは、まだ日本にはありません。海外にはワクチンがありますが、その有効性ははっきりわかっていません。そのため、ネコちゃんを猫コロナウィルスの感染から守るために、感染ネコちゃんとの接触を避け、室内飼いに徹しましょう。また、ストレスのかからない快適な環境を作り、普段から上記のような症状がないか健康管理に気を配ることも大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

みずみずさんのますくちゃんからのコメント
娘の飼い猫ますくちゃん(1歳)が、昨日亡くなりました。 Fipと診断されてから3ヶ月、一昨日は食欲
あぶあぶさんの幸村ちゃんからのコメント
保護施設から引き取ったソマリの3才男の子。昨日体調が良くなく病院でエコー検査をしたところ、腹水が溜ま
ぜんさんのエキゾチックちゃんからのコメント
10日ほど前に嘔吐があり受診。触診しその日は点滴とビオフェルミンを処方され帰宅。翌日に食欲なく元気が

コメントを投稿する