コメントを書く・読む

猫の条虫症

猫の条虫症とは

条虫は、たくさんの体節(片節)からなる寄生虫でサナダムシのことをいいます。条虫症は、条虫が小腸に寄生することで下痢や嘔吐などの症状をもたらす病気です。

原因

日本では、ネコちゃんに寄生する条虫が 10 種類以上もいるとされています。この中でもよく見られるのは、瓜実条虫・猫条虫・マンソン裂頭条虫です。
・瓜実条虫・・・・・瓜のような片節が連なり、成虫では 50 cm以上にもなる条虫で小腸に寄生します。便中に排出された片節は、乾燥すると米粒ほどの大きさになり、肛門の周りやネコちゃんの寝床等で見つかることもあります。この片節の中には条虫の卵である虫卵を含んでいて、この虫卵をノミが摂取し、そのノミをネコちゃんが口から取り入れることで感染します。
・猫条虫・・・・・・小腸に寄生する条虫で、頭部を小腸の壁に食い込ませて寄生するため、腸が傷つくこと
があります。排出された卵をネズミなどが摂取し、ネコちゃんがそのネズミを食べることで猫条虫に感染します。
・マンソン裂頭条虫・外の環境に行くネコちゃんでみられることが多い寄生虫です。便に排出された卵が水中で孵化し、その幼虫をミジンコが食べ、カエルなどがミジンコを摂取し、そのカエルをネコちゃんが摂取することで感染します。

症状

症状が現れないことも多いですが、多数寄生すると嘔吐や下痢、食欲不振等が見られます。条虫の片節が肛門から這い出してうごめくため、ネコちゃんはかゆがってお尻を地面にこすりつけるなどの行動をすることもあります。

治療

条虫駆虫薬を投与し、駆虫します。瓜実条虫症の場合には、条虫感染の原因となるノミの駆虫を同時に行うことも重要です。

予防

瓜実条虫症では、感染の原因となるノミの予防を定期的に行うことが重要です。特にノミが活発に活動する季節には、しっかりと予防をしていきましょう。
また、ネズミやカエル等との接触が無いよう、室内で飼うことでの予防も大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

香々美さんの猫ちゃんからのコメント
猫ちゃんの便に白い虫が入っていました。 どうしたら良いでしょうか? どの虫か、どのように判断した

コメントを投稿する