コメントを書く・読む

ジアルジア症

ジアルジア症とは

ジアルジア症はジアルジアと呼ばれる顕微鏡でしか見えない小さな原虫という寄生虫がワンちゃんの小腸に寄生することによって起こる病気です。ワンちゃんが集団で飼育されている場所などで集団発生することが知られています。

原因

ジアルジアが小腸の細胞に寄生し、増殖することによって起こる病気です。ジアルジアがワンちゃんの小腸に寄生すると、小腸内で二分裂をしながら増殖し、殻に覆われたシスト(嚢子)を便と一緒に排出するようになります。
このシストが付着あるいは混入した飲食物とともにワンちゃんの口に入ることでジアルジアに感染します。

症状

大人のワンちゃんは無症状なことが多く、子犬ちゃんでは水様性や粘液性の下痢が主な症状となります。症状が重くなると体重減少を起こし、発育不良の原因にもなります。

治療

ジアルジアの治療には一般的にメトロニダゾールという抗原虫薬を投与します。
投与期間を守って確実に投与することが重要です。

予防

定期的に検便を行い、早期発見・早期治療を心がけましょう。ジアルジアに汚染された場所を熱湯で洗浄後、よく乾燥させ、また、感染したワンちゃんの便の取り扱いには十分に注意することが重要です。

みなさんからのコメント

ここさんのハクちゃんからのコメント
スチーマーが良いですよ。
竹千代さんの小太郎ちゃんからのコメント
我が家の小太郎もいまジアルジアでうんちが緩い日は続いています。小太郎は1か月薬を飲み続けています。

コメントを投稿する