コメントを書く・読む

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは

甲状腺は、甲状軟骨(ヒトでは、のどぼとけといわれます。)のすぐ下にある、甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官で、甲状腺ホルモンは体の代謝を活発にするホルモンです。甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの分泌が減少することによって、元気がなくなり、顔つきもぼんやりとし、脱毛、肥満、暖かい季節でも寒がるなどのさまざまな症状がみられる病気です。高齢のワンちゃんでしばしば見られます。

原因

主に、免疫介在性(機能の異常により自身の免疫システムが自らの甲状腺を破壊してしまうこと)または遺伝性による甲状腺の機能不全などが原因と考えられています。その他の原因としては、腫瘍や副腎皮質機能亢進症(『副腎皮質機能亢進症』をご参照ください)などの他の病気の影響で引き起こされることがあります。

症状

甲状腺ホルモンは、体の代謝を活発にするホルモンとなるため、甲状腺機能低下症ではさまざまな症状がみられます。

・ 元気が無くなり、動きが鈍くなる
・ 嗜眠(しみん:睡眠を続け、強い刺激を与えなければ目覚めて反応しない状態)
・ 顔つきがぼんやりしている
・ 暖かい季節でも寒がる、低体温
・ 肥満(基礎代謝が低下するため)
・ 脱毛(体幹部や尾の脱毛が多い)
・ 皮膚の色素沈着(皮膚の色素が黒く変化する)
・ 徐脈
・ 神経症状(発作や運動失調など)

治療

甲状腺ホルモン薬を投与しますが、基本的には、生涯投薬し続けなければなりません。投薬にあたっては、まず必要量を確認するために、投薬前後の血液検査(血中の甲状腺ホルモン濃度の測定)を行ないます。投与量が少なすぎても効果が得られず、投与量が多い場合には甲状腺機能亢進症(『甲状腺機能亢進症』をご参照ください)を引き起こす可能性があるため、定期的に血液検査をするなどの必要があります。また、お薬の投与量や回数などについてはワンちゃんの症状や甲状腺ホルモン濃度により異なるため、定期的な検査を含め、動物病院にご相談ください。

予防

早期発見、早期治療が大切です。動物病院さんでのこまめな検診をお勧めします。ご自宅では、ワンちゃんの行動や皮膚の状態などのチェックを行ないましょう。また、上記に記載の症状が見られる場合は、早めに動物病院にご通院ください。

みなさんからのコメント

トコさんからのコメント
秋田犬大好きで、これまでに秋田犬4頭を見送り、現在5頭目です 5頭中4頭が甲状腺機能低下症でした。

コメントを投稿する