コメントを書く・読む

膿皮症

膿皮症とは

細菌感染による皮膚の化膿性病変を膿皮症といいます。皮膚のバリア機構の破壊や免疫力の低下などが引き金となりどうぶつの皮膚で細菌が繁殖して、症状が発症します。

原因

原因となる細菌として下記のような細菌があります。
Staphylococcus 属(黄色ブドウ球菌)
Streptococcus属(レンサ球菌)
Proteus属
Pseudomonas属
また、膿皮症の発症にはアレルギーや内分泌疾患、栄養失調、免疫不全、腫瘍、外部寄生虫などの基礎疾患が発症の引き金となっている場合もあります。

症状

膿皮症は全身の皮膚で起こりますが、脇、顔、内股、指間などでの発症が多く、湿疹、赤み、かゆみ、脱毛、フケなどの皮膚病変がみられます。このときに、ワンちゃんが患部をなめたり引っかくことで状態が悪化する恐れもあります。さらに、重症になると、膿瘍、発熱、痛みなどを起こすこともあります。特に湿気の多い夏の時期で発症が多くみられます。

治療

基礎疾患がある場合はその原因となっている疾患の治療を行います。
膿皮症に対しては抗生物質(外用薬・内用薬)の投与が主な治療となります。
症状の程度によっては、お薬と併用してシャンプー療法が行われたり、シャンプー療法のみで維持をする場合もあります。

予防

細菌の増殖を防ぐために生活環境を清潔にし、特に夏場は高温多湿にならないように注意しましょう。また、日頃からの適切なシャンプーやブラッシングなどのケアを心がけ、皮膚のチェックもこまめに行ないましょう。皮膚に赤み、フケ、カサブタなどの異常がみられた場合は、早めに動物病院へご相談ください。

みなさんからのコメント

まるまるさんからのコメント
うちの犬も膿皮症になってしまいました。 薬もいくつか変えてもなかなか治らなくて辛いですが、ここに載

コメントを投稿する