コメントを書く・読む

播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(DIC)

播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(DIC)とは

悪性腫瘍や子宮蓄膿症、急性膵炎、敗血症、ショック、重度の火傷など、さまざまな基礎疾患に合併して、全身に微小血栓がつくられる病態が、播種性血管内凝固症候群です。
英語名のdisseminated intravascular coagulationを略して、多くの場合DICと呼びます。
血栓(※)の形成により、臓器が機能できない状態に陥ってしまうこと(臓器不全)が、もっとも大きな問題となり、しばしば出血傾向が認められます。
※何らかの原因で、心臓や血管内で血液が凝固したものが血栓です。

原因

体の中に組織の壊死(えし)や血管異常が生じるような疾患があると、微細な血液凝固が進行します。
血の塊があちこちの毛細血管内にできると、今度はそれを溶かすために、線溶系というメカニズムが働きます。 DICとは、このように血液を固まらせる凝固系と、凝固した血餅(※)を溶かすための線溶系が同時に活性化してしまう状態です。凝固系と線溶系が同時に活性化することにより血液中の凝固因子が消耗されてしまうと、止める必要のあるところの血を止める事ができなくなってしまいます(止血障害)。
※血液が血管の外へ流れ出したり、血管内の血液が凝固したりすると暗赤色のゲル状の塊になります。この状態を血餅(けっぺい)といいます。

症状

1.血栓や循環障害による各臓器の障害がおこるため、さまざまな症状がみられます。
 ・腎臓   : 血尿、乏尿(尿量の減少)、無尿(尿がつくられなくなる)
 ・中枢神経 : 意識障害
 ・消化管  : 急性潰瘍による下血(肛門部からの出血)
 ・肺    : 呼吸困難
2.出血症状として、皮膚の紫斑(しはん)、点状出血、下血、血尿がみられます。

治療

子宮蓄膿症であれば卵巣や子宮の摘出、悪性腫瘍であれば腫瘍摘出というように、原因となっている基礎疾患を治療することが最優先です。また、同時にDICに対する治療を行うことで救命率を上げることができますので、ヘパリン投与などの抗血栓療法を開始します。またDICによって欠乏した凝固因子や血小板を補充するため新鮮血漿や全血輸血を行うこともあります。

予防

予防することは難しい病気ですが、基礎疾患(子宮蓄膿症、急性膵炎、悪性腫瘍など)を早期発見、早期治療することが重要です。また、DICが疑われる場合、一刻も早く治療を開始することが、救命率を上げることにつながります。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

つらいさんのなんでちゃんからのコメント
今、まさに ICUで治療中です 歯石取りに行って 夕方には家に帰ってくる予定だったのに.

コメントを投稿する