コメントを書く・読む

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)とは

脊髄は脳と繋がっている神経の束で、脳からの指令を体に伝えたり、体からの情報を脳に伝えたりする役割を担っています。脊髄は内側から軟膜、クモ膜、硬膜という3つの膜で包まれており、軟膜とクモ膜の間をクモ膜下腔(くもまくかくう)といいます。
このクモ膜下腔は脳脊髄液で満たされており、外部からの衝撃から脊髄を守るクッションのような役割をしています。脳脊髄液は脳室で産生され、少しずつ吸収されながら脳や 脊髄の周りをゆっくり流れています。
先天性、あるいは後天性の原因により脊髄内に空洞が生じ、その空洞内に脳脊髄液と同様の液体が満たされ、脊髄を内側から圧迫してしまうことがあります。そのため脊髄の機能に障害が生じ、さまざまな症状をおこす病気が脊髄空洞症です。

原因

脊髄空洞症の原因には先天性と後天性があります。先天性では、頭蓋後部を形成する後頭骨の奇形により小脳後部が頭側に圧迫されて、脊髄空洞症を引き起こします。また、小脳が脊柱管内に突出しているような奇形でも脊髄空洞症を引き起こします。
後天性の原因は腫瘍や炎症、外傷などに関連して発症します。
いずれにしても脳脊髄液の流れが変化した結果、脊髄内に液体を含む空洞が形成されると考えられていますが、その詳細なメカニズムは未だ不明です。脊髄空洞症から水頭症を引き起こすこともあります。

症状

空洞の部位と広がり具合により、無症状から重度の四肢麻痺までさまざまです。
また、症状が進行する場合としない場合があります。
軽度の場合には感覚障害として首、体幹部(胸腹部・胴体部分)の引っかき行動、手足の先端を舐める行動、仰向けになって背中を床にこすり付ける行動が見られます。ただし、初期の症状は健康なワンちゃんにも見られる行動ですので、いつもの様子と何か違うような気がする時には、あわてず、まずかかりつけの病院さんに相談してみましょう。他にも「どこかに痛みがあるようだ」、「跛行※(はこう)する」、「足を挙げたまま地面に着けようとしない」、「体に触れられるのを嫌がる」、「音や振動に過敏に反応する」などの症状を認めることもあります。
症状が進行し重度になると、四肢の不全麻痺(わずかに動かしたり、わずかに感覚が残っている状態)がみられたり、「首の側弯(そくわん)」がみられたりします。「首の側弯」とは、上からワンちゃんをみたとき、正常ではまっすぐな首が曲がってしまっている状態を指します。先天的な後頭骨の形成不全を伴う場合は、ワンちゃんの首が片方に傾いたままになる「捻転斜頸(ねんてんしゃけい)」や筋肉の収縮が長く続いて筋肉がこわばった状態になる「強直性痙攣(きょうちょくせいけいれん)」などを起こすこともあります。
※何らかの疾患や怪我がもとで正常な歩行ができない様子が跛行です。

診断

脊髄空洞症の確定診断はMRI検査で行います。ただし、先天性の後頭骨形成不全はMRIで明確にできないこともあるので、原因の追及にはMRIとは別途、CTやレントゲンなどの画像診断が必要となることもあります。MRIやCTは全身麻酔が必要な検査となりますので、麻酔のリスクや費用等につきましても、かかりつけの動物病院さんによくご相談ください。

治療

治療には内科治療と外科治療があります。
内科治療の目的は症状の軽減と空洞の拡大による進行を抑制することとなります。症状にもよりますが、消炎鎮痛剤や脳脊髄液産生抑制剤、ステロイド剤を用いることが一般的です。
外科治療の目的は、髄液の動態の異常を改善する目的で行われます。手術の様式は「後頭骨を部分切除する方法」や、脳室からお腹に余分な脳脊髄液を排出するため、「弁の付いた管を設置する手術」を行うこともあります。
手術により脊髄の圧迫を速やかに軽減することができるため、重度の麻痺があるワンちゃんには手術を実施することがあります。
外科的治療を行う場合は、麻酔のリスクや手術後の安静期間、ケア方法、費用等につきましても、かかりつけの動物病院さんによくご相談ください。

予防

予防をすることは困難です。早期発見、早期治療が重要になりますので、上述のような症状がみられた場合には早めに動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

こまったあらさんのタヌちゃんからのコメント
先週MRI診断で、この病名を言われました。 今週中に、内科治療か外科治療を決めなくてはいけません。

コメントを投稿する