コメントを書く・読む

チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)

チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)とは

ワンちゃんは、目の上下にある2つの瞼(まぶた)以外に、目頭の内側に「第三眼瞼」(「瞬膜」とも呼ばれる)という、ヒトには無い3番目の瞼を持っています。第三眼瞼腺はその第三眼瞼の内側に存在し、涙の約30%を分泌している組織で、腫大すると第三眼瞼腺が第三眼瞼から飛び出して赤く腫れあがった状態になります。この赤く腫れた状態がさくらんぼ(チェリー)のように見えるので、チェリーアイと呼ばれています。

チェリーアイ

原因

第三眼瞼腺(瞬膜腺)を固定する結合組織が先天的に無い場合や結合組織が弱い場合に発症し、遺伝が関与していると考えられています。主に、ビーグル、アメリカンコッカースパニエル、ブルドッグ、セントバーナード、ペキニーズ、チワワなどの犬種に見られます。先天的な原因の場合には、6ヶ月から1歳以下の若いワンちゃんで発症が多くみられます。また、年齢に関係なく目の炎症や外傷などによっても引き起こされることもあります。

症状

第三眼瞼腺が腫大し、第三眼瞼から飛び出して赤く腫れあがった状態になります。この結果、腫れあがった第三眼瞼腺が目を直接刺激することや、目の不快感でワンちゃん自身が目をこすったりするために涙が出たり、結膜炎や角膜炎を併発することがあります。

治療

内科的治療法は点眼薬や内服薬の投与により、飛び出した第三眼瞼腺の炎症を軽減させますが、再発をくり返す場合や、完治しない場合には外科手術によって整復します。手術には第三眼瞼腺をもとの位置に整復して縫合する方法(埋没法)や、大きく膨らんでいる第三眼瞼腺を切除する方法(切除法)などがあります。しかし第三眼瞼腺は涙の30%を産生している重要な組織で、完全に切除してしまうと、後に乾性角結膜炎になる可能性があるので、なるべく第三眼瞼を切除しない方法で手術する方法が推奨されています。術後にはワンちゃんが目をこすらないようにエリザベスカラーをつけたり、自宅で点眼薬の投与をしたりするケアも必要となります。

予防

早期発見、早期治療が重要となります。ご自宅では、ワンちゃんの目の様子などのチェックをこまめに行いましょう。第三眼瞼が赤い、腫れている、その他、目の異常がみられる場合は、早めに動物病院にご相談ください。
また、チェリーアイの発症には遺伝が関与していると考えられていますので、先天的な原因で発症したワンちゃんを交配に供することは控えるようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

ももさんのコマちゃんからのコメント
譲渡前からチェリーアイは分かっていました。ドライアイもあって、ゆっくり投薬していきましたが、チェリー

コメントを投稿する