コメントを書く・読む

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)とは

脂肪の消化に重要な役割を果たす胆汁は肝臓で生成され、胆嚢に一時貯蔵されます。食事をとると胆嚢が収縮し、収縮に伴い、胆汁は総胆管を通って十二指腸に放出されます。胆嚢粘液嚢腫とは、何らかの原因で胆嚢の中にゼリー状の粘液物質が貯留した状態をいいます。胆汁の分泌を障害するために様々な消化器症状を引き起こし、状態が進むと、黄疸や胆嚢破裂に伴う腹膜炎などの重篤な合併症を引き起こします。

原因

原因は現在のところはっきりわかっていませんが、濃縮胆汁や胆泥(胆汁が濃縮や変質により泥状になったもの)、胆石(胆汁の成分が変質して結石状になったもの)などの刺激が引き金となり、胆嚢壁での粘液の産生が過剰に起こると考えられています。高脂血症を持っているワンちゃんに多く見られることが知られており、遺伝的に脂質代謝異常の多いミニチュア・シュナウザーやシェットランド・シープドッグなどに多くみられます。
また、加齢に伴う胆嚢壁の構造の変化や胆嚢の運動性の低下も原因ではないかと考えられています。

症状

軽度の場合には特に症状を示さず、健康診断等で偶然発見されるケースも多く見られます。胆汁の分泌障害が起こると、嘔吐、下痢、 腹痛、食欲不振などの慢性的な消化器症状がみられ、肝障害を併発する場合もあります。
胆汁の流れが完全に遮断されると黄疸が起こり、重症の場合には胆嚢が破裂し腹膜炎を起こすこともあります。

治療

特に臨床症状を伴わない軽度の場合には、内科療法と食事療法(低脂肪食など)で管理できる場合もありますが、徐々に進行してくる 可能性もあるため、定期的な検査による経過観察が必要です。内科治療に反応が悪かったり、進行して臨床症状を伴っていたり、胆嚢破裂など合併症の発症の危険性があるようなケースでは、外科的に胆嚢を切除する手術を行います。
進行して状態が悪くなってからの手術はリスクが高く、手術中や術後の死亡率が高いため、手術を行う時期については、個々の状態を見ながら十分検討した上で決定する必要があります。

予防

高カロリー・高脂肪の食べ物に注意し、栄養バランスのとれた食生活を心掛けましょう。
早期発見・早期治療が重要な病気です。高脂血症や胆泥症、胆石症など、発症の引き金となるのではないかと考えられている疾患を 予防し、早期に発見するため、定期的な健康診断を受けましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

嵐と福のママさんの福ちゃんちゃんからのコメント
先日、胃炎を患ったうちの子がいつもより症状がひどかったので血液検査とエコー検査をした過程で胆嚢粘液嚢
ひろりんさんのちゃーくんちゃんからのコメント
うちも同じ病名いわれ、手術するか考えてます。リスクが大きいそうで
アニコム 獣医師さんからのコメント
ゆうちゃん様 その後のご様子はいかがでしょうか。 特に症状が認められず軽度の場合には、内科療法や
ゆうちゃんさんのモモちゃんちゃんからのコメント
急に食事もしなくなって心配で病院に行った所胆嚢粘液囊腫と言われて手術するか内科治療で悩んでいます
アニコム獣医師さんからのコメント
はなさんのそらちゃんさん、ご投稿いただきありがとうございます。 現在お薬やサプリメントと食事による
はなさんのそらちゃんからのコメント
うちの13歳半のワンコが、肝臓の数値がALP.GPTの二つが去年より、倍に数値が上がっており慌てて再

コメントを投稿する