コメントを書く・読む

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫(メラノーマ)とは

悪性黒色腫(メラノーマ)は色素(メラニン)をつくる細胞のメラノサイトが癌化した腫瘍です。
メラノーマは皮膚と粘膜の接合した部分に発生することが多く、ワンちゃんでは女の子より男の子の発生が多く、体では口の中の発生が多いことで知られています。

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、黒色のワンちゃんと高齢のワンちゃんに多く発症する傾向があります。「黒色腫」の名前の通り、腫瘍の色は茶色から黒緑色をしていることが多いのですが、まれに色素のない場合もあります。

症状

メラノーマは皮膚と粘膜の接合した部分に発生することが多く、口腔内の粘膜、舌、眼瞼部、眼球、指先などにできます。発生した場所によって症状は異なり、口腔内に腫瘍ができると口臭やよだれが多くなり、出血が見られることもあります。進行の早い腫瘍のため、発生がわかった時点ですでにリンパ節や肺に転移している可能性もあります。

治療

治療は転移や再発を予防するために、腫瘍周辺の正常組織ごと外科的に摘出します。骨まで腫瘍が浸潤している場合には骨ごと切除する必要があります。腫瘍の発生部位などによっては外科的摘出が難しく、放射線療法を行うこともあります。悪性度が高い場合の完治は難しく、また短期間での再発も多いといわれており、外科的切除後も注意が大切です。

予防

発症原因がはっきりわからないので、発症自体を予防することは困難です。しかしながら、早期発見により、早期治療が可能になりますので、定期的に検診を行うことや、日頃からワンちゃんの体をこまめに触ることを心がけ、口の中などもよく観察することが重要です。しこりのようなものがみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

みなさんからのコメント

りーちゃんさんのポメラニアンちゃんからのコメント
歯石除去のさいメラノーマを検査の結果発見。 大学病院で放射線治療もあまり効果無く、抗がん剤治療の初

コメントを投稿する