コメントを書く・読む

パスツレラ感染症

パスツレラ感染症とは

パスツレラ菌は健康な動物の口の中に常在する菌です。お年寄りや免疫力の弱いヒトなどが発症する日和見(ひよりみ)感染(かんせん)(普通では病原性を示さない菌により抵抗力が低下することで感染が起こること)が多い事でも知られています。ワンちゃんの約75%、ネコちゃんではほぼ100%が口腔内常在菌として病原体を保有していると言われています。

感染どうぶつ

イヌ、ネコ、ウサギ、フェレットなど

病原体

Pasteurella multocida パスツレラ菌

感染経路

感染動物に咬まれたりひっかかれることで、また食事を口移しで与えることなどで感染します。飛沫感染(咳やくしゃみにより拡散した空気中の菌を吸い込むこと)でも感染します。

症状

ヒト・・咬まれたり、ひっかかれた部分の痛み・発赤・腫脹・化膿がみられ、重症になると、敗血症・骨髄炎になることもあります。また、呼吸器感染症(症状はカゼのようなものから肺炎までさまざま)が慢性化することもあります。

どうぶつ・・ 一般的に無症状ですが、呼吸器疾患が見られることがあります。また、まれに猫同士のケンカの傷が化膿することがあります。

治療

抗生剤の投与など

予防

口移しや食器の共有など、どうぶつとの過度なスキンシップを避けましょう。また、ペットにはヒトを咬んだりひっかいたりしないようにしつけたり、爪を短く切るようにすること、換気や掃除をこまめにする等も大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する